市民公開講座

日 時
2012年11月11日(日)13:00〜16:00
会 場
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
講演会 4階:マリンホール
検 診 2階:中会議室201
主 催
第51回日本臨床細胞学会秋期大会
後 援
新潟県、新潟市、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、
読売新聞新潟支局、日本経済新聞社新潟支局、産経新聞新潟支局、
NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST、TeNYテレビ新潟、
UX新潟テレビ21、エフエムラジオ新潟
メインテーマ
「女性の命と未来の命」 ─ 子宮頸がんの予防ワクチンと検診 ─
講演会プログラム(概要)
13:00〜13:05 開会挨拶
第51回日本臨床細胞学会秋期大会 会長 児玉 省二
13:05〜13:55 基調講演1
「子供たちとあなたの未来のために
─きちんと正しい子宮頸がん予防、あなたは大丈夫?─」
自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科 教授 今野 良先生
13:55〜14:35 基調講演2
「子宮頸がん予防ワクチンの決断」
新潟県魚沼市長 大平 悦子氏
14:45〜15:55 パネルディスカッション
「どうしてワクチン接種するの? なぜ、検診を受けるの?」
─家庭で、学校現場でどう説明すべきか─
パネリスト:講演講師、保護者、一般男性、若い受診者
司会:菊野 麻子(フリーアナウンサー)
15:55〜16:00 閉会挨拶
第51回日本臨床細胞学会秋期大会 
コアプログラム委員 大野 正文
子宮頸がん検診(新潟市広域子宮頸がん検診)
10:30〜 受付開始
11:00〜15:30 検診
うちやま医院 施設長 内山 三枝子
厚生連三条総合病院婦人科 医師 野田 誠子
公益財団法人 新潟県保健衛生センター
企画責任者
新潟県福祉保健部 副部長(コアプログラム委員) 山﨑 理
新潟県村上地域振興局 局長 健康福祉部 部長
村上保健所 所長(コアプログラム委員)
佐々木 綾子
新潟県立中央病院婦人科 部長 大野 正文
パンフレット・検診申込用紙