認定制度
1) 年会費完納
2) 学術大会参加 10単位
3) 教育講演受講・受講印 10単位
4) 口演発表単位 筆頭演者10単位
共同演者(1〜5位)
共同演者(6位以下)
末尾指導者
10単位
5単位
1単位
5単位
申請時または更新時の必要単位について
1. 認定医申請時に教育研修40単位以上を取得していること。
 (学術大会参加20単位以上、教育講演20単位以上)会員歴3年以上であること。
 *申請時には、書類審査の後に試験があります。
2. 認定医更新時に教育研修60単位以上を取得していること。
 (学術大会参加30単位以上、教育講演30単位以上)
3. 専門医申請時に生涯研修90単位以上を取得していること。
 (学術大会参加30単位以上、教育講演30単位以上、業績30単位以上:筆頭演者1回、論文1編(共著可)
  が必須)かつ、認定医取得後3年を経過していること。
  *申請時には、3症例の提出の後、1症例のプレゼンテーションを行い、口頭試問を受けること。
4. 専門医更新時に生涯研修70単位以上を取得していること。
  (学術大会参加30単位以上、教育講演30単位以上、業績10単位以上)
5. 指導医申請時に生涯研修100単位以上を取得していること。
 (学術大会参加30単位以上、教育講演30単位以上、業績40単位以上:筆頭演者2回、筆頭論文1編が
  必須)かつ、専門医取得後3年を経過していること。
6. 指導医更新時に生涯研修70単位以上を取得していること。
 (学術大会参加30単位以上、教育講演30単位以上、業績10単位以上)
*非会員の参加では上記単位は認められません。
*専門医は、臨床を行っている会員のみが取得可能です。