医学教育学生シンポジウムのご案内
 第47回 日本医学教育学会大会では、2015年7月25日に学生シンポジウムを行います。
医学生による発表だけでなく、医学部教員・指導医との双方向的な議論がしやすい場になるように準備していますので、皆さまぜひご参加下さい。
場所はどちらも、朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 第三会場 となります。
医学教育学生シンポジウムのご案内ダウンロード
シンポジウム I
「医学生と医師による対話セッション:英国医学教育改革文書Tomorrow’s Doctors
 (1993)を手がかりに」
時間:13時00分〜14時10分
演者:池尻達紀(京都大学4回生)、荘子万能(大阪医科大学4回生)、
    柴原真知子(京都大学)、羽野卓三(和歌山県立医科大学)
要旨:昨年末より医学生と医師とで読み進めてきた Tomorrow’s Doctors(1993)の
    中から、日本の医学教育を考えるに当たって重要な論点を抽出し、会場の皆さんと
    議論をします。普段の教育活動ではなかなか聞けないお互いの「本音」から、医学教育
    改革の具体的手がかりを探りたいと考えています。
参考資料 URL:https://goo.gl/tCWPZq
シンポジウム II
「よりよい地域医療臨床実習の在り方」
時間:14時10分〜15時20分
座長:宮澤智久(新潟大学6回生)、久代航平(同)
演者:宮澤智久(新潟大学6回生)、山崎愛子(長崎大学6回生)、
    田井村依里(鹿児島大学5回生)、川邊真由(同)、足立真穂(筑波大学6回生)
ファシリテーター:井口清太郎(新潟大学)、永田康浩(長崎大学)
要旨:地域医療実習が開始されるようになってから3年ほどが経ちましたが、全国的にどの
    ような実習が行われているのか、学生はどう感じているについては十分に共有されて
    おりません。ここでは、シンポジウム形式で学生が自らの経験に基づいて、地域医療
    実習の実際と望ましいあり方についての提言を行い、フロアの先生方と活発な議論を
    したいと考えています。